臨時休業のお知らせ

お世話になっております。

株式会社シロシベは、2013年9月21日~30日の期間、勝手ながら休業いたします。

実は、というか、ご存知の通り、というか、社長の園は浄土真宗の僧侶でもあります。このたび、浄土真宗本願寺派教師教習という、いわば住職資格を得るための研修に参加することになりました。上記の期間、京都の本願寺西山別院というお寺に合宿して教習を受けます。

入所から解散までの期間、PCや携帯電話などの電子通信機器の所持は禁止されており、面会や電話や手紙の取次もされないとのことで、ほぼ完全に音信不通になってしまいます。ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、ご了承いただければ幸甚です。

メールや電話に10日も触れないなんて、ここ15年ほどで初めてのことです。メールや携帯電話を使い始めた頃は、この魔法のような技術に感動したものですが、しばらくするとときめきもなくなり、大学院や研究所に所属していた頃は、日々やってくるメールをこなすことに精一杯で「もうメールなんてよこすな」「携帯に電話してくるな」などと思うようになりました。しかし、いざ、シロシベを始めてそれまでの所属機関を離れる時には、「これで誰からもメールが来なくなったらどうしよう。誰も相手してくれなくなったらどうしよう。」と不安になり、朝目覚めて受信ボックスを見て誰からも何も連絡がない、という夢を見てうなされて夜中に目覚める、なんてこともありました。今は、10日間放置された受信ボックスにたまったメールを想像して、軽く吐き気を覚えたりしています。

話がそれました。

シロシベの仕事とお寺の仕事、いつかこれらが結びついて相互に価値を高め合うような関係にできればいいなと思いつつ、今のところ暗中模索の状態です。この教師教習に参加することですぐに何かが見つかるとも思えませんが、きっと大きな節目にはなるのだと思います。10日間、堂々と世間から隔離されてていい、というのは考えようによっては貴重で贅沢な状況でもあるのかと思います。しっかり味わってきたいと思います。

10月1日以降は通常通りの営業に戻ります。一皮むけたシロシベとして、また皆様と一緒にお仕事ができることを楽しみにしております。

+