座長

2013年11月28日~30日「日本精神障害者リハビリテーション学会第21回沖縄大会」に出席するため、沖縄に行ってきた。実行委員の仲地さんが大会企画の講師出演交渉で長野にいらした時に、たまたまそこに居合わせたのがきっかけで、調査研究セッションの座長として声をかけてくださったものだ。

座長なんてできるのかなぁ、というか、そもそもじっと座って人の話を聞くのが苦手で、学会に行ってもいつもすぐに外に出て行ってしまうのだけど…、と思いつつ、せっかく沖縄に行ける機会なので「ぜひぜひ」とお返事したところ、担当セッションの6人の演者のうちなんと4人が一緒にお仕事したことがある人で、とてもリラックスした気分で参加させていただきました。

シロシベを始めて東京から滋賀に引っ越す時の最も大きな心配の一つは、人とのつながりが途絶えてしまうのではないか、ということだったけど、実際にはそんなことは全然なくて、むしろ逆に広がったり深まったりしている。この学会で声をかけていただいたことも、セッションの演者の皆さんとの関係も、シロシベならでは、という感じがして、とてもありがたく思う。そしてさらに、ここに参加したおかげでまた何かが始まる、という気配もあってとてもおもしろい。

次に沖縄行くときはもっとゆっくりいろんな場所に行きたい。

(とか言いつつ、ちゃっかり佐喜眞美術館や中城城に行ってるわけだけど…。)

+